RSS

麻薬飲み込みタイへ密輸、パキスタン人ら相次ぎ逮捕

2009年11月3日(火) 07時50分(タイ時間)
【タイ】バンコクの玄関口であるスワンナプーム空港で、麻薬が入ったビニール袋を飲み込みタイに入国しようとした20代前半のパキスタン人の男2人とイラン人の男1人が10月30日—11月2日に相次いで逮捕された。パキスタン人2人はラホールからタイ国際航空機でバンコクに到着。挙動が不審だったことから税関職員がエックス線検査を行い、胃に複数の袋があるのを発見、袋を体外に排出させ、1人目から500グラム、2人目から700グラムのヘロインを押収した。イラン人の男はアイスと呼ばれる覚せい剤165グラムを飲み込んでいた。

 今年1月1日から11月2日にスワンナプーム空港で麻薬所持で逮捕されたのは22人で、ヘロイン12・4キロ、アイス12・8キロなどが押収された。
《newsclip》


新着PR情報