RSS

市教育トップ爆死、タイ・サッカー協会審判を逮捕

2009年11月7日(土) 18時28分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、6日朝、タイ中部サラブリ市の教育省事務所で爆発があり、所長の男性(55)が死亡した事件で、タイ警察は7日、防犯カメラに写っていた映像から、同じ職場の職員の陸軍軍曹の男(40)を逮捕した。男はタイ・サッカー協会の審判員で、2010年に南アフリカで開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)の国際審判員を目指していたという。

 男は犯行を認め、所長室に仕掛けた爆弾を携帯電話で爆破したと供述。サッカーをめぐるトラブルが動機と話している。
《newsclip》


新着PR情報