RSS

日本・メコン首脳会議閉幕 タイ、近隣国支援を約束

2009年11月8日(日) 10時00分(タイ時間)
【東南アジア、タイ】日本とメコン川流域のミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムの6カ国の首相による第1回日本・メコン地域諸国首脳会議が6、7日、東京で開催され、総合的なメコン地域の発展、環境対策、協力・交流の拡大などを盛り込んだ「東京宣言」と63項目の「行動計画」を採択して閉幕した。

 宣言と行動計画の骨子は▽経済格差、環境・気候変動、感染症、自然災害といった人間の安全保障上の問題に対処し、メコン地域の社会、経済開発を進める▽日本はカンボジア、ラオス、ベトナムへの政府開発援助(ODA)を拡充、今後3年で5カ国に5000億円以上供与し、メコン地域の道路網、港湾、空港、送電線、通信網といったインフラ整備、通関に関わる技術支援・研修、環境・気候変動対策などを推進する▽日本は3年間でメコン地域5カ国の青少年ら3万人を招へい▽首脳会議を3年に1回日本で開催——。ODAの具体的な対象としては、カンボジアのネアックルンでのメコン川架橋、カンボジアのシハヌークビル港の整備などが挙がった。

 メコン地域の中核で5カ国の中で最も経済発展が進んでいるタイは▽近隣諸国とつながる道路、橋梁の建設支援拡大▽カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムでの人材育成支援——を約束した。
《newsclip》


新着PR情報