RSS

マレーシア南部の複線鉄道、中国企業が建設へ

2009年11月12日(木) 13時34分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアのナジブ首相は11日、同国を公式訪問した中国の胡錦濤国家主席と会談後、ヌグリスンビラン州グマスとジョホール州ジョホールバルを結ぶ複線鉄道を中国企業に建設させる方針を明らかにした。

 シンガポール紙聯合早報(電子版)によると、同鉄道は全長197キロで、総工費は75億リンギが見込まれ、中国鉄道工程公司が建設を担当するという。マレーシアとしては、中国企業に鉄道建設を開放する見返りに、マレーシア産パーム油の対中輸出拡大を見込んでいるもようだ。
《newsclip》

特集



新着PR情報