RSS

フィットネスのカリフォルニア、シネコン最大手メジャーが出資削減

2009年11月23日(月) 14時32分(タイ時間)
【タイ】タイの複合映画館(シネマコンプレックス)最大手メジャー・シネプレックスは20日、タイのフィットネスセンター大手カリフォルニア・ワオ・エクスペリエンスの株式17・8%をタイ証券取引所(SET)で売却し、出資比率を19%に引き下げたと発表した。持株法適用会社から外すため。売却額は約4000万バーツ。
 
 メジャーは2003年にカリフォルニア・ワオに出資し、映画館、ボーリング場とフィットネスセンターの共同展開を進めてきた。しかしカリフォルニア・ワオは急拡張のつけで、2007年に9400万バーツ、2008年に1億2100万バーツの赤字を計上。今年は1—9月が1億9600万バーツの赤字の上、通年でSET上場後初の減収となる見通しだ。創業家が提案した増資はメジャーなどの反対で流れており、経営の先行きは不透明となっている。
《newsclip》


新着PR情報