RSS

バンコクで20度、タイ東北・東部で低体温症死者も

2009年11月23日(月) 15時33分(タイ時間)
【タイ】22日、23日とタイ全土で気温が下がり、タイ国営通信社タイ・ニューズ・エージェンシー(TNA)によると、東北部と東部で43歳と80歳の男性が低体温症で死亡した。23日朝の最低気温はバンコクで20度、北部チェンマイ県にあるタイ最高峰ドイインタノン(標高2565メートル)の山頂で8度まで低下した。

 タイ気象局によると、バンコクの最低気温と最高気温は23日が20度、30度、24日が21度、31度で、25日から週末にかけては最低気温が22—24度、最高気温が32—33度になる見通し。

 一方、ナコンシータマラート、パタルン、ソンクラー、トラン、サトゥン、パタニー、ヤラー、ナラティワートの南部各県では大雨で洪水が発生し、23日には60校以上が休校した。
《newsclip》


新着PR情報