RSS

28日からバンコク全域で厳戒、タクシン派封じ込め

2009年11月25日(水) 10時00分(タイ時間)
【タイ】タクシン元首相支持派が28日からバンコクで開催する予定の反政府集会に対応するため、タイ政府は24日、集会禁止や軍の動員を可能にする国内安全保障法を28日から12月14日までバンコク全域に発令することを決めた。12月5日のプミポン国王(81)誕生日を控え、タクシン派の封じ込めを図る。

 タクシン派は今年4月、バンコクで主要道路を封鎖したり、路線バスを乗っ取り燃やすなどし、治安当局に強制鎮圧された。内戦紛いの映像が世界に流れたことで、タイの観光産業は大打撃を受けた。

 タクシン派は今回、28日正午から民主記念塔ロータリーで集会を始め、30日—12月2日にはアナンタサマーコム宮殿周辺まで展開、2—5日はいったん集会を中断し、6日以降再開する予定としている。
《newsclip》


新着PR情報