RSS

ベトナム、基準金利を1%引き上げ

2009年11月25日(水) 12時25分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム国家銀行(中央銀行)は25日、現在7%の基準金利を12月1日から8%に引き上げると発表した。また、通貨ドンの為替レート変動許容幅(現行5%)を26日から3%に縮小する。利上げは今年1月以来となる。

 この結果、消費者向け貸出金利も現在の最高10・5%が同12%に引き上げられる。

 利上げ決定は、11月の消費者物価指数(CPI)上昇率が4・35%に達するなど、インフレ傾向が表面化していることを受けた措置だ。

 中銀は前回利上げ以降、経済成長を優先し、金融引き締めを見送っていた。
《newsclip》

特集



新着PR情報