RSS

自給自足の洞窟暮らし タイ東北の荒野で

2009年11月25日(水) 21時33分(タイ時間)
【タイ】タイ東北部ムクダハン県の荒野で自給自足の生活を送るタイ人男性がタイのテレビで紹介された。

 この男性、ドゥアンさんは自称72歳。元は農家だったが、家と田畑を失い、妻子に逃げられたため、12年前に社会生活を放棄し、森に入った。

 洞窟にマイホームを構え、食料の果物、動物は周囲の森と草原で調達。野菜は自分で栽培している。もちろん、電気や水道はない。侵入者を阻むため自ら積み上げた石垣は、高さ2—3メートル、長さ数百メートルに及ぶ。

 タイは気候が温暖な上、果物や魚などが豊富なことから、ドゥアンさんのように人間社会を離れ自給自足の生活を送る人が少なからずいるようで、これまでにも何人かメディアで取り上げられたことがある。
《newsclip》


新着PR情報