RSS

タイのリーマン系デベロッパー、資金難でホテルなど建設中止

2009年11月28日(土) 03時00分(タイ時間)
【タイ】経営破たんした米証券大手リーマン・ブラザーズ傘下のタイの不動産会社グランド・アセット・ホテルズ・アンド・プロパティーはタイのホテル・マンション事業2件の建設を資金難で中止した。

 中止したのはバンコクのスクムビット通りソイ13の「リージェント・バンコク・ホテル」と「リージェント・レジデンス」(工事進捗率40%)、東部チョンブリ県ジョムティエンビーチの「メリディアン・パタヤ・リゾート」と「セイルズ・パタヤ」。社債で建設資金50億バーツを調達するはずだったが、リーマンの崩壊で不可能となった。グランド・アセット自体も2006年から今年9月に18億バーツの赤字を出し、経営が行き詰っている。グランド・アセットは「ウェスティン・グランデ・スクムビット・バンコク」「シェラトン・フアヒン・リゾート&スパ」などタイでホテル、マンションを所有。
《newsclip》


新着PR情報