RSS

精巣注射で去勢、タイ野良犬繁殖防止で新手法

2009年11月28日(土) 03時35分(タイ時間)
【タイ】タイのチュラロンコン大学はタイ国家科学技術開発庁(NSTDA)から2000万バーツの予算を得て、オス犬の精巣に米国製の薬ニューターソル(グルコン酸亜鉛)を注射する去勢法の実地調査を行う。注射だけで済むため、これまでの方法に比べ簡単で、十分な効果があれば野良犬の繁殖防止に役立つと期待されている。

 タイでは狂犬病で昨年9人、今年1—10月に22人が死亡した。国内の犬の数は数百万匹とみられている。
《newsclip》


新着PR情報