RSS

プーケットの邦人殺害、容疑のタイ人男を逮捕

2009年11月28日(土) 21時44分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、東京都出身の山田幸保さん(75)がタイ南部プーケット島で行方不明になり、25日未明、燃えた乗用車の中から山田さんとみられる死体がみつかった事件で、タイ警察は28日、山田さん殺害などの容疑で指名手配していたタイ人の男(21)を逮捕したと発表した。男は犯行を認めているという。

 捕まったのはスウィット容疑者(21)。供述によると、スウィット容疑者は山田さんの交際相手のタイ人女ですでに逮捕されたタプティム容疑者(50)から山田さんの殺害を依頼され、24日未明、プーケット市内のタプティム容疑者宅で、居間のソファーで寝ていた山田さんを鉄棒で殴った後、刃物で刺し、殺害した。いったん帰宅し、同日夜にタプティム容疑者宅を再度訪れ、山田さんの死体をタプティム容疑者の乗用車に乗せ、人気のない林まで運んだ。しかしぬかるみにはまって車が動けなくなったことから、死体を置いたまま車に火を放ち、走って逃走した。タプティム容疑者からは現金、金製品などを受け取ったという。

 タイ警察はほかにも共犯がいた疑いがあるとして、2人の取り調べを続ける方針。また、車からみつかった遺体の身元を確認するため、DNA鑑定を行う予定だ。

 山田さんは数年前からプーケットを頻繁に訪れ、タプティム容疑者宅に2、3カ月滞在しては日本に帰国するという生活を送っていたもよう。スウィット容疑者は7月にタプティム容疑者と知り合い、山田さんがいない間、同容疑者宅で暮らしていたという。
《newsclip》


新着PR情報