RSS

在チェンマイ日本人お薦めのステーキ店 Nimman Bar & Grill

2010年1月9日(土) 11時55分(タイ時間)

 タイ北部チェンマイ市内ニンマンヘーミン通りのKantary Hills Chiang Maiのメインダイニング「Nimman Bar & Grill」。店名のとおり、アルコールとステーキがお薦めの店だ。昔ながらの雰囲気を残す城壁周辺に対し、ニンマンヘーミン通りはいわば今風。おしゃれなホテルやレストランが建ち並ぶ。ここも、ホテル宿泊客だけでなく、外のお客が多く訪れる人気の店だ。

 早朝5時30分から朝食が始まり、午前10時からアラカルト、深夜12時まで営業している。アルコールだったら、照明を落としたラウンジ風のカウンターで。午後5時から7時までハッピーアワー、生バンドを聴きながら気軽にグラスを傾けることができる。演奏は聞こえてこないが、オープンエアーの広いスペースもある。

 料理の方はまず、前菜として「Nicoise Salad」(110B++)。サラダ・ニソワーズは「アンチョビーの風味」ありきといった感じで、酸味がちょっときついと思ってしまう日本人が少なくないが、ここでは適度な風味に仕上がっている。

 お薦めのステーキはインポートとローカルを選べるが、ローカルビーフが期待以上に美味い。「Rib Eye Stake (Local)」(220B++)は、もちろんインポートものには適わないが、ハーブを振った香ばしい焼き方で、肉自体も柔らかく脂身も適度。ステーキ専門店を含めて、ローカルビーフを食べて美味いと思ったことが何回あったか、と考えてしまったほど。さらに、この味でこの値段は絶対に安い。

 連れが注文したのは、ビーフだけがステーキではないということで「Salmon Stake」(250B++)。こちらもこんがりと焼き上げた表面、中身はしっとりしながら臭みはない。チェンマイを訪れて不思議に思うことは、海もないのに美味いシーフードを出す店が多いこと。

 デザートは「Black & White Chocolate Cake」(80B++)。これも甘過ぎるということがなく、日本人の舌に合った出来上がり。最近タイでも甘さ抑え目のデザートが増えてきて、うれしい限りだ。

 お得に食べるならやはりブッフェ。ビーフ、ポーク、チキンを食べたい分だけ自由に取ることができる「カーヴァリーナイト」。サラダも好みの味付けで選べて490B++(子供半額)とお得。「サンデーランチバイキング」や「サラダ&アンチパスタ(前菜)バー」というブッフェもあり、いずれも曜日で変わるので要チェックだ。

Nimman Bar & Grill
住所:Kantary Hills Chiang Mai Hotel & Serviced Apartments
44 Nimmanhemin Rd., Soi 12, Suthep, Muang, Chiang Mai 50200
電話:0-5322-2111, 0-5340-0877
ウェブサイト:www.kantarygroup.com
《newsclip》


新着PR情報