RSS

〈インタビュー〉 滑り止め塗料 UNION COATING

2010年3月2日(火) 21時32分(タイ時間)

UNION COATING CO., LTD.
Business Development Manager
Mr. Suratham Wiriyabunjerd

——御社概要をお聞かせください

 弊社は1991年設立の塗装業者です。会社設立以来、さび防止や保護を目的としたEDPコーティングを主要業務としています。

 自動車部品のEDPコーティングはほとんどで、お客様は日系メーカーが多くを占めます。会社の売り上げの90%を、コーティング加工で稼ぎ出しています。

——滑り止め塗料も取り扱っているようですが?

 2008年より、南アフリカ製の滑り止め塗料「Protecta Kote」を販売総代理店として取り扱っています。日本ではあまり出回っていないかと思いますが、欧米諸国ではかなり知られた製品です。

 そもそもタイには安全を重視する製品が少なく、プロテクタ・コートも未発売でした。今後はタイでも本格的に安全性が問われてくると見極め、輸入販売に乗り出しました。

——製品の特徴について

 粒状のゴムを含んだポリウレタン塗料です。乾燥するとゴムによって表面がザラザラとなり、滑り止めの効果を発揮します。

 タイでは滑り止め効果を出す表面に塗り上げるには、通常の塗料に砂を混ぜるしかありません。滑り止めテープを張る場合もありますが、使用頻度によって5—6カ月ではがれてしまうのが通常です。プロテクタ・コートはタイで唯一の滑り止め塗料と呼ぶことができます。

——砂を混ぜて塗る作業の手間というのは?

 まず通常どおりに塗料を塗り、その上にムラがないように砂をまきます。1日待って乾いたら砂を取り払い、その上に2度塗りします。最初に塗ってから最終的に乾くまで、3日ほどの時間を要します。

 一方のプロテクタ・コートは、同梱のハケやローラーを使って誰でも簡単に塗装できます。ムラになっても2度塗りすればきれいに仕上がります。乾くまで3—4時間の早さ。時間と労力を考えると、選択肢はプロテクタ・コートになるでしょう。

——費用や寿命について

 塗料価格に労賃を加えても、一般塗料に砂を混ぜる方が、プロテクタ・コートより30%ほど安上がりとなります。ただ、一般塗料と砂の組み合わせは、2年目には補修などのメンテが必要となります。

 プロテクタ・コートは、表面をきれいにして十分に乾かした状態で塗装すれば、5年はメンテ不要の最善の状態が保たれます。乾燥膜厚(DFT)は、一般塗料の2度塗りが50ミクロンであるのに対し、プロテクタ・コートは2度塗りで800ミクロン。逆に塗ってしまうとはがしにくくなるというデメリットはあります。

 いずれにせよ、1年目に30%高くつくだけで、2年目以降は無駄な経費が皆無です。仮に塗り直しがあったとしても、はがれた箇所に上塗りするだけです。

——滑り止め塗料が利用される場所は?

 工場からビル、一般家屋から自動車まで、ありとあらゆる場所です。弊社のお客様としては、工場、学校、油を取り扱う作業場をもつ会社などをお見受けします。

 タイらしい使用場所としては、1トン・ピックアップトラックの荷台といったところでしょうか。また、一般の方が目にしない場所として、タンクローリーなどの屋根の歩行部分への塗装があります。

 さまざまな色を用意しておりますが、滑り止めという性質上、足に踏まれる箇所での使用がほとんどなため、黒色と灰色の売り上げが最多です。

——今後の計画などについて

 1トン・ピックアップトラックの需要はまだまだ伸びると思いますので、今後も積極的に販売攻勢をかけていきたいと思っています。新製品として今年は、ゴムの代わりに砂やシリカを混ぜた製品の投入を考えています。ゴムだと表面のザラザラが強く、見栄えが悪かったり掃除がしにくかったりと、お客をひんぱんに迎え入れる場所や一般家屋に適さない場合が多々あります。砂やシリカだと、滑り止め効果を維持しながら表面を滑らかにすることが可能です。また、バンコク首都圏でのショールーム開設も考えています。

 売り上げ的には今年、前年比50%増を目標としています。昨年は初年度の600倍という飛躍的な売り上げ増を実現しましたが、今はある程度知られた存在となったので、地道な売り上げ増を目指します。

——ありがとうございました

Union%20Coating-2.jpg

Union%20Coating%20-3.JPG

Union%20Coating%20-4.jpg

UNION COATING CO., LTD.
住所:128/512 Moo 1 Thepharak Rd., Km. 21 T. Bangsaothong, A. Bangsaothong, Samut Prakarn 10540
電話:0-2315-4801~5
ファクス:0-2315-4800
ウェブサイト:www.thaiprotectakote.com
《newsclip》


新着PR情報