RSS

130万Bの爆弾探知機を300Bで

2010年3月14日(日) 23時20分(タイ時間)

 「イヌの方が優秀」とアピシット首相が苦笑したという英国製爆発物検知器「GT200(タイ国内名称)」が、赤シャツ集会で売られていた。バイクでやってきた初老の男性、「タイ政府は1台当たり130万バーツを払ったらしいが、赤シャツの皆さんには300バーツでお売りします」。その名も「ET200」。

 木の取っ手にラジオのアンテナを付けただけの代物だが、理論的にはこれでも探知できる?
《newsclip》

特集



新着PR情報