RSS

クラ地峡は幅44キロ、でもマレー半島自体がそこまで狭まるのではない

2010年3月16日(火) 10時57分(タイ時間)

 南部ラノン県クラブリー郡、マレー半島が最も狭まる「クラ地峡」。クラブリーという地名自体が「クラの町」とも訳せる。

 アンダマン海とタイ湾が44キロまで近づく場所とされているが、半島が実際にそこまで狭まっているわけではない。タイとミャンマーを隔てる、アンダマン海に注ぐ川が陸地に入り組んでいて、最も入り組んだ場所からタイ湾までが44キロという意味。川がなければ半島はもっと幅広い。
《newsclip》

特集



新着PR情報