RSS

チェンマイにもいる首長族

2010年3月26日(金) 23時23分(タイ時間)

 北部メーホンソン県の山奥に住むといわれる首長族。メーホンソン自体が「山の県」なので、首長族を見に行くにも一苦労……、だったのがとうとうチェンマイにも首長族がやってきて、気軽に会えるようになった。

 チェンマイ市から北へ30分ほどのメーテーン。元々バンガローだった建物が山岳民族のみやげ物屋に模様替えされている。首長族のほか、耳長族、リス族、モン族、パロン族、アカ族と、多彩といえば多彩、一緒ぐたといえば一緒ぐた。ほぼ全員がミャンマーから「正規に出稼ぎ」に来ている。

 入場料なるものがあって、タイ人50バーツ、外国人500バーツ。
《newsclip》

特集



新着PR情報