RSS

タノームキット・プロスントーン医師

2010年4月24日(土) 01時21分(タイ時間)
Tanomkit Pawcsuntorn, M.D.

皮膚外科/レーザー DermatoSurgery & Laser

——ボディコンタリング・センター(Body Contouring: 体型矯正)の開設経緯について

 アジア人の生活スタイルが大きく様変わりした現代社会では、食生活に起因する肥満が大きな問題となっています。病院の統計によるとアジア人の3割以上が体重過多の問題を抱えているといいます。その傾向を受け、クリニック、エステ、病院など減量をサポートするサービスのマーケットは毎年約25%ずつ増加し、国内市場は20億—30億バーツに達しています。

 しかしながら、そうしたサービスを提供している場所の多くが、充分な基準を満たしていない個人経営の美容クリニックやエステサロンです。食事制限や運動といった自己管理を勧めるだけで、リバウンドのない効果的な減量を求める消費者にとっては充分とはいえません。また、これまで最も効果的な減量法といえば、機械を使った脂肪吸引術でした。しかし、身体に傷を残すことが多く、術後の入院も必要で、安全とは言い難いものでした。これらの問題を憂慮した弊院は、安全で社会復帰の早い脂肪除去法を模索し、外国での技術研修へも積極的に参加しました。充分な準備期間を経てボディコンタリング・センターは開設されたのです。

——設備をご紹介ください

 当センターは併用可能な2種類のボディコンタリング装置、「アキュスカルプ」と「ベイザー・リポセレクション」を導入。アメリカとタイの食品・医薬品委員会の認可を受けた最先端の医療機器で、全ての部位の余分な脂肪を安全に除去することが出来ます。傷は器具を挿入する1センチにも満たない小さな穴だけ。入院の必要もありません。施術は特別な研修を受け、経験も豊富な医師が担当します。

——アキュスカルプとは

 アキュスカルプとは、1444nm波長の脂肪融解レーザーを使う装置です。皮膚の小さな穴から挿入した極細の光ケーブルを通してレーザーを照射します。毛細血管を収縮させるため、皮下出血を起こしません。脂肪除去手術といえば吸引後の皮膚のたるみが問題でしたが、このレーザーは施術した周辺の皮膚を2—3割収縮させるというメリットもあり、患者様には100%ご満足いただけるはずです。

 目の下、頬、アゴ、胸部、背中、でん部、腕、ふくらはぎ、大腿部の脂肪除去のほか、腋臭や妊娠中にできたストレッチマークの治療にも効果的です。一度除去した脂肪は戻りませんが、脂肪の多すぎる部分にはベイザーとの併用が効果的です。

——ベイザー・リポセレクションとは

 特殊な超音波を使い、腹部など広い範囲の脂肪を安全に、効果的に除去する装置です。所要時間は旧式の脂肪吸引よりかかりますが、3時間で4—6キロの脂肪を除去できます。皮膚のたるみを防ぐためにアキュスカルプとの併用が必須です。複数部位の施術をした患者様で入院を希望される場合を除き、アキュスカルプ同様、入院の必要はありません。

 これらの設備の使用にはメーカーでの技術研修と経験が必要で、導入している国内医療機関は現在のところ弊院だけだと自負しています。

 施術の前にはカウンセリングを行います。当センターにはほかにもボディコンタリング設備が整っているため、その中から最適で効果的な治療法を検討します。

 当センターは2009年6月にソフトオープンし、これまでにタイ人、外国人を問わず多くの患者様にご満足いただいてきました。通訳もいますので 、日本人の皆様も、お気軽にご相談ください。

——ありがとうございました

Tel: (66) 2711-8000
Fax: (66) 2391-1290
《newsclip》