RSS

ブリストン・スワンパーク・ビュー

2010年6月8日(火) 19時46分(タイ時間)
Bliston Suwan Park View Bangkok

単身でも家族でもゆったり滞在
緑多い静かなソイ・トンソン

 都内ルムピニ公園から北に延びるソイ・ランスアンとソイ・トンソンは、ホテルやアパートが集中する住宅街として有名で、日本人在住者も多い。ソイ・ランスアンは宿泊施設のほかレストランも多く建ち並んでにぎやかだが、一方通行といった不便さも。ソイ・トンソンはソイ・ランスアンより静かな分だけ緑が多く、両側通行でストレスなし。そんなトイ・トンソンに、「ブリストン・スワンパーク・ビュー」は建つ。

 いわゆる「赤シャツ騒ぎ」でソイ・トンソンのプルンジット通り側は行き来が不便になってしまったが、ルムピニ公園側に抜けるのは問題なく、そのまま滞在を続ける宿泊客が多かった。隣の幼稚園も通常どおりで、子どもたちの楽しい声が聞こえてきていたから、治安面での不安も皆無だったようだ。

 このブリストン・スワンパーク・ビュー、泊まってみてまず感じるのは、部屋がゆったりしていること。全152ユニット。1ベッドルームが67—98平米の4タイプ、2ベッドルームが98—125平米の3タイプ、3ベッドルームが233平米と、いずれも広めのユニットだ。

 日本人だととかく、「大きな部屋=ぜいたく」と遠慮してしまいがち。しかし実際に泊まってみるとその余裕の広さに、宿泊とは「体を休めるためのもの」だとつくづく実感する。

 内装で印象的なのが象の赤いレリーフ。全ユニットに飾られているとのことで、鮮やかでいかにもタイらしく、なおかつ決して派手さがない。マンガのような絵画を眼にすることが多いタイのホテルやアパートで、このような本格的なレリーフは新鮮だ。

 室内設備も充実。全ユニットでキチネット、無料ワイヤレス・インターネット完備。テレビモニターは豪華な32インチ。ベランダ付きで外の眺めは爽快。日本人宿泊客の人気は、米国大使館の緑深い庭が見下ろせるガーデンビューだとか。

 プール、フィットネス、ダイニングは5階に集中。無駄に大きくない機能的な造りだ。ビルに囲まれたプールは夜景がきれい。1階入り口の右手にもレストラン「Artus」があり、こちらはステーキやシーフードがメイン。ほか会議室など必要な施設はほとんど揃っている。

 宿泊客は大きく日本人と欧米人に分かれるとか。日本人は場所柄、ビジネス利用のコーポレートがほとんど。日本人スタッフも常勤している。欧米人は家族連れが多い。

 ブリストン・スワンパーク・ビューは2003年から5年間、シンガポールのレジデンス運営会社傘下で営業を続けてきたため、国際レベルのサービスアパート運営の心得は十分。ホテルとしての営業許可を取得しているため、短期利用も可能。宿泊でストレスを感じることのないサービスアパートだ。

Bliston-02.JPG

Bliston-03.JPG

Bliston-04.JPG

住所:9 Soi Tonson Ploenchit Road Lumpini Pathumwan, Bangkok 10330
電話:0-2658-7979(ホットライン) ファクス:0-2658-7999
Eメール:reservation@blistonresidence.com
ウェブサイト:www.blistonresidence.com
《newsclip》


新着PR情報