RSS

〈インタビュー〉 Ezy Rent A Car / Ezy Tour & Travel

2010年9月1日(水) 21時19分(タイ時間)

Ms. Khemwadee Visessiri

Manager

短期から長期まで対応、ウェブサイトで迅速予約

通信事業の一環としてレンタカー事業開始

——元々は通信事業で起業されたとのことですが?

 1975年の設立で、タイ通信公社(現CATテレコム)向けの衛星アンテナ関連機器の輸入で起業しています。通信機器の輸入販売と同時に、光ファイバーといった通信ケーブルの敷設事業に参入。その際の移動手段として大量の車両が必要となり、レンタカー事業に乗り出しました。レンタカーの取り扱いだけでも、20年近い実績を誇ります。

 会社全体としては、設立当初からの情報通信事業、情報機器のレンタル、旅行代理店業などの事業を展開。日系企業の皆様にもご利用いただいております。

——レンタカー事業について

 小型から大型までの乗用車、ピックアップトラック、バンなど、さまざまな車種を揃えています。保有台数は300台ほど。1日単位の短期契約から3—5年といった長期のオートリース契約まで全てのニーズに対応、3年以上の契約では新車購入でご利用いただけます。

 顧客全体としては、60%がコーポレートを中心とした長期、40%が短期です。コーポレート企業のお客様は30—40社ほどで、10—15台といった大口の一括契約もあります。

——日系企業の顧客について

 コーポレート契約のうち半数が日系企業の皆様です。このため、日本語可能なタイ人スタッフを雇用、現在3人で対応しています。

 タイ地場企業や他の外資系と比較すると、より安全に気を使われていると感じます。メーカーはトヨタやホンダがほとんどで、ゆとりのある2000cc以上、暗い場所でも目立ついたって普通の明るい色を指定されます。コンディションを重要視されますので、短期の場合は年数の若い車種をお薦めしています。ご自身での運転を極力避けられるので、ドライバー付きがほとんどです。

短期利用の拡充に注力、旅行代理店業務も開始

——短期利用の顧客層は?

 旅行者がほとんどです。日本人のお客様はリピーターが多く、来タイの度にご利用ただいております。事務所があるBTSサナームパオ駅前にお越しいただくか、有料で宿泊先へのデリバリーも可能です。

 長期でも短期でも、タイで第一級とされる保険に加入、事故や故障に関しては24時間態勢で対応、もちろん代車制度も整えています。タイ北部の建設現場で利用する車両の長期契約を建設会社と結ぶなど地方での実績も積んでおり、タイ国内どこでご利用されても問題ありません。

——事業拡張などについて

 昨年より旅行代理店業務に乗り出しました。ツアー企画、移動手段確保、宿泊先予約などで、レンタカー利用のリピーターの方を中心に、すでに日本からのお客様にご利用いただいております。

 旅行代理店業務の開始は、短期利用レンタカー事業のサービス拡大を同時に見込んでいます。近い将来、レンタカー契約の長期と短期の割合を半々にもっていく計画です。
情報社会といわれる昨今、マーケティングのカギはウェブサイトにあると思っています。レンタカーについてはすでに、弊社サイト上で予約が可能ですが、今後さらに使い勝手を向上させていきます。

——ありがとうございました

住所:226 Phaholyothin Rd. Samsennai Phyathai Bangkok 10400
電話:081-920- 9062, 081-985-2311 (日本語可)
ファクス:0-2271-4836 Eメール:info@ezyrentacar.com, info@ezytourthailand.com
ウェブサイト:www.ezyrentacar.com, www.ezytourthailand.com
《newsclip》


新着PR情報