RSS

〈インタビュー〉 省エネ機器 エナジー・セイビング・ソルーションズ

2010年9月12日(日) 21時59分(タイ時間)

Energy Saving Solutions Co., Ltd.
Mr. Vichit Polsungnoen Managing Director


——御社設立について

 スタビライザーなどの安定器や電力機器を製造販売する実家の工場から独立、2009年に設立しました。実家が取り扱っている機器以上に、節電、省エネ、環境保全を意識した製品を揃えています。

 企業というものは不景気になれば経費削減に乗り出し、景気が上向けばさらなる効率化に乗り出します。省エネ・環境保全は景気に左右されることがありません。弊社は「より効率的な省エネ、より地球に優しい機器を」という企業理念から、Energy Saving Solutionsという社名にしました。

——取り扱い製品は?

 LEDライトからソーラーパネルまで、大小様々な製品を取り扱っています。電流を安定させて不要な消費を削減し、停電対策も兼ねるスタビライザーやUPS、バッテリー充電の際の電流や電圧を制御するチャージコントローラー、太陽熱を電気に変える太陽電池パネル、太陽電池や風力タービンによる直流電流を電気製品に使用できるよう交流電流に変換するソーラーインバーター、ソーラーシステム用バッテリーのシリコン太陽電池などです。

 販売だけでなく、機器の設置や建物への電気引き込みなどの工事も請け負っています。まずは省エネ効果の測定から始まる、トータルソリューションをご提案しています。

——環境保全という考え方について

 タイでも環境保全の意識は高まっています。もちろん企業では利益を最優先とした省エネから始まるでしょうが、昨今の異常気象を目の当たりにし、多くの人が「地球が大事」と改めて感じており、それはタイ人も外国人も変わりません。

 ただ実際には、太陽電池の設置といった大掛かりなプロジェクトは、政府機関によるものがほとんで、民間レベルではまだまだです。弊社の顧客では最近、東部トラート県の海軍基地が太陽光による発電装置を設置しました。

 タイではまた、社会貢献事業での省エネが推進されています。弊社が協力している社会開発福祉省のプロジェクトでは、高齢者や身体障害者のためにリモコンを使用した効率的な電化製品を開発・寄付しています。

——LEDライトの販売に力を入れているとのことですが?

 事務所や家庭の電球や蛍光灯をLEDタイプに交換するだけで、60—70%の省エネが可能となります。寿命としては、通常の蛍光灯が1万時間、LEDタイプが5倍の5万時間です。

 LEDタイプですと値段は張りますが、それ以上の節約をもたらします。屋内はもちろん、防犯灯や街灯に使用すれば、交換の手間が省けて電気代以外でも省エネ効果が上がります。

——今後の事業拡張など

 国内各地になるべく多くの事業所を開いていきます。既存の事業所を含め、東部チョンブリやラヨン、北部チェンマイ、東北部コンケン、南部プーケットの各県での事業展開を考えています。今年の売り上げは前年比30%増が目標です。

 省エネ・環境保全の意識をもっと多くの企業に意識して欲しいと思っています。企業ではなく個人1人1人が環境を考えていかなければならない時代です。家庭や事務所でLEDライトに交換するだけで、省エネ・環境保全は気軽に実現できます。

——ありがとうございました

Essco-02.jpg

Essco-03.jpg

Essco-04.jpg

Energy Saving Solutions Co., Ltd.
住所:46/35 Klong Luang Rd., Klong Song, Klong Luang, Pathumthani 12120
電話:0-2524-2326~9 ファクス:0-2524-2330
Eメール:vichit@essco.co.th
ウェブサイト:www.essco.co.th
《newsclip》


新着PR情報