RSS

タクシン派、バンコクで4カ月ぶりデモ

2010年9月19日(日) 18時57分(タイ時間)

【タイ】19日のタクシン元首相支持派市民によるバンコク都心のラチャプラソン交差点のデモ集会は、夕方までに5000—6000人を集め、かなりの盛り上がりだった。参加者はそろってタクシン派団体「反独裁民主戦線(UDD)」の代名詞となっている赤い服を着用。午後4時過ぎまでは交差点に車を通していたが、5時には完全に封鎖。赤で埋め尽くした。

 団結を示すため、赤い布を細く切って長く結び、交差点にクモの巣のように張り巡らせていた。「赤シャツ」のイメージを全面に押し出した集会だったが、政治的な発言は少なく、前回の騒ぎで出した死者を悔やむ言葉が多く聞かれた。UDDの強硬派幹部として5月13日に狙撃されて後日死亡したカティヤ陸軍少将の娘であるカティヤーさんも現場を訪れ、支持者から熱烈な歓迎を受けていた。
《newsclip》

特集



新着PR情報