RSS

デモオタク率いるデモ会社? 反タクシン派PAD

2011年2月6日(日) 23時44分(タイ時間)

 2008年にタイ首相府やスワンナプーム空港を占拠した反タクシン元首相派団体「民主主義のための市民同盟(PAD)」が今度はアピシット政権打倒ののろしを上げた。傍(はた)からは、同じ反タクシン派の同士討ちとみえるが、裏にはお家の将来がかかった深い事情があるのだろう。

 それにしてもPADはもはや「デモ株式会社」と呼びたいくらいだ。ステージやテントの設営、集会場に3食昼寝付きで寝泊りする「常駐部隊」数百人の手配、「お客」(デモ参加者)を飽きさせない出し物などなど、いずれも手慣れたもの。今回もデモ参加者は平日数百人、週末1000人程度だが、小さな火種を大火事にする技術は過去に証明済みだ。

 そしてPADの2トップの1人、ジャムロン氏。改革派若手将校グループのリーダー、プレム首相(現枢密院議長)秘書官、農民服姿のバンコク都知事、1992年に軍政に立ち向かった民主化運動の旗手、副首相などなど、様々な肩書き、呼び名があるが、75歳の現在は「デモオタク」が相応しい。写真は2月6日撮影。
《newsclip》

特集



新着PR情報