RSS

キャセイパシフィック機 エンジンから出火、シンガポール空港に引き返す

2011年5月16日(月) 20時31分(タイ時間)
【シンガポール】16日午前零時54分にシンガポールのチャンギ空港を離陸したキャセイパシフィック航空CX715便ジャカルタ行きのエアバスA330型機が、第2エンジンの異常を示す警告ランプが点灯したため、パイロットがこのエンジンを停止、チャンギ空港に引き返し、午前1時57分に着陸した。着陸後、第2エンジンで火花が視認され、消火器で消火活動が行われた。乗客136人と乗員にけが人はなかった。キャセイパシフィックとエンジンを製造した英ロールス・ロイスが事故の調査を行っている。
《newsclip》

特集



新着PR情報