RSS

ベトナム、南沙諸島で選挙実施

2011年5月17日(火) 17時06分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム、中国などが領有権を争う南シナ海の南沙諸島(ベトナム名・チュオンサ諸島)で、ベトナム政府は15日、国会議員と地方議員を選出する選挙を実施した。国営ベトナム通信が伝えた。

 今回の選挙は22日にベトナム全土で実施される国会議員選挙、人民議会(地方議会)選挙を前倒し実施したもので、南沙諸島での有権者数などは不明。

 ベトナム外務省報道官は13日、「選挙はベトナムの国内問題であり、長年にわたり憲法に基づき実施されてきた」と主張した。

 これに先立ち、中国外務省の姜瑜副報道局長は11日、「中国は南沙諸島とその周辺海域に争いの余地がない主権を有しており、いかなる国であっても南沙諸島で一方的に行う行動は中国の主権を侵害するものであり無効だ」とベトナムを非難していた。
《newsclip》

特集



新着PR情報