RSS

タイ東北でカプセル型土器出土 古代の棺か

2011年5月23日(月) 14時58分(タイ時間)
【タイ】今月14日、タイ東北部ロイエット県で、全長100センチ、全幅40センチほどのカプセル状の土器が出土した。県の考古学局は、出土した土器が古代の棺だとみて、詳しく調べる方針。

 この地方では2500—2000年前から、死者をいったん地下に埋め、後に骨を掘り出して洗い、儀式を行った後、土器に収めて埋める習慣があったという。

Burial%20urns%20found%20in%20Roi%20Et%20-%201.jpg
《newsclip》


新着PR情報