RSS

タイ国営石油PTT、次期CEOは東工大博士

2011年5月29日(日) 11時55分(タイ時間)
【タイ】タイの国営石油会社PTT傘下の石油化学大手IRPCのパイリン・チューチョーターウォン社長が9月10日付でPTTの最高経営責任者(CEO)兼社長に昇格する。27日のPTTの取締役会で決まった。

 パイリン氏は1956年生まれ。日本政府の奨学金で留学し、東京工業大学で化学工学博士号を取得した。PTT関連企業で要職を歴任し、2009年から現職。

 PTTの昨年の売上高は1兆9400億バーツ(約5・2兆円)で、タイ企業で最大。
《newsclip》


新着PR情報