RSS

タイで選挙戦本格化 選挙カー盗難、選対幹部射殺

2011年5月29日(日) 20時32分(タイ時間)
【タイ】7月3日の下院選に向け、各党が選挙戦を本格化している。

 与党民主党党首のアピシット首相は28日、タクシン元首相派の野党プアタイの地盤である東北部に入り、アムナートジャルーン県、ヤソトン県、ウボンラチャタニ県で自党候補者の応援演説を行った。各会場には数百人が集まり、感触は上々だったようだ。

 タクシン元首相の妹でプアタイの比例代表1位のインラク候補は同日、バンコクのルムピニ公園で選挙演説を行った。会場には数千人が押し寄せ、熱気に包まれた。

 両党は選挙後の連立工作をにらみ、中小政党の引き込みにも乗り出している。プアタイは「民主党、(連立パートナーの)プームジャイタイ党との連立は困難」(ノパドン元外相)とする一方、連立パートナーのチャートタイパタナー党、チャートパタナープアペンディン党に秋波を送っている。民主党は立ち位置を明らかにしないチャートタイパタナー党に対し、いら立ちを強めているようだ。

 こうした中、プームジャイタイ党の影の党首といわれるネーウィン元首相府相は英字紙バンコクポストに対し、下院選の獲得議席数を民主160、プアタイ210、プームジャイタイ111と予想。敗戦の責任を取り、アピシット首相は民主党党首を辞任し、インラク氏も反タクシン派勢力の反発で首相にはなれないという見通しを示した。両党はこの発言に反発し、「自分の党が予想通り議席を取れるかどうかに心配したほうがいい」(ステープ副首相・民主党幹事長)、「プームジャイタイの獲得議席は10程度だろう」(プアタイのカナワット副党首)とやり返した。

 タイ国立ラチャパット大学スワンドゥシット校が5月23—28日に行った世論調査(回答者4694人)で、政党支持率はプアタイ43・2%(5月19—22日の前回調査41・2%)、民主37・5%(同36・9%)だった。東北部ではプアタイの支持率が前回調査の55・3%から48・6%に急落し、民主が19・7%から27・1%に上昇した。一方、民主の地盤である南部ではプアタイの支持率が前回の8・4%から20・5%に上昇した。

 選挙戦が本格化する中、タイの選挙に付き物の発砲事件も散発している。27日に北部ラムパン県の市議会議長宅に銃弾が撃ち込まれたほか、28日にはチャートタイパタナー党の北部チェンライ県の選対幹部の男性が路上で銃撃され死亡した。また、東北部ナコンラチャシマ県では29日、民主党候補の選挙カーが盗まれた。

 29日の警察発表によると、同日までに身辺警護を依頼した下院選候補者は123人。また、警察は殺し屋75人のリストを新たに作成し、逮捕につながった情報に対し、リストの上位29人については10万バーツ、その他の46人については5万バーツの褒賞金を出すとしている。
《newsclip》


新着PR情報