RSS

鴻池運輸、タイに定温物流センター

2011年5月30日(月) 22時09分(タイ時間)
【タイ】鴻池運輸はタイ中部のサムットプラカン県バンプリ郡に定温物流センターを建設し、2012年1月に稼動する。タイでは初めての、冷凍(マイナス26度—マイナス20度)、冷蔵(5度)、中温(15—20度)、常温(25度以下)の4温度帯対応の物流センターで、食品・食品原料の保管、コンビニエンスストア、レストラン、スーパーマーケットへの冷凍・冷蔵食品の仕分け、配送や食品工場への食品原料の配送管理などを行う計画だ。

 タイではバンコクを中心に大型スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどが進出し、今後、適切な温度管理が必要な冷凍・冷蔵食品の需要が増大すると判断した。センターの収容量は約2・5万トンで、このうち温度可変対応の保管エリアは1・6万トン。

 タイ投資委員会によると、同事業の投資額は5億バーツ。
《newsclip》


新着PR情報