RSS

タイ流通大手セントラル、伊百貨店を2・6億ユーロで買収

2011年5月30日(月) 23時36分(タイ時間)
【タイ】タイの流通大手セントラル・グループは30日、イタリアの高級百貨店ラ・リナシェンテの全株式を2・6億ユーロで取得すると発表した。セントラルの国外進出は2010年の中国に続く2カ国目。

 ラ・リナシェンテは1865年創業で、ローマ、ミラノ、トリノなどイタリア国内に11店を展開。2010年の売上高は約3・5億ユーロだった。セントラルは買収後、ヴェネチア、フィレンツェ、ナポリなどに出店する計画だ。

〈セントラル・グループ〉
中国・海南島出身のジラティワット(鄭)家が1947年にタイで創業。百貨店のセントラル、ロビンソン、スーパーのトップス、ホテルのセンタラ、ファストフード店などを展開。2010年の売上高は前年比8%増の1190億バーツ(約3200億円)。
《newsclip》


新着PR情報