RSS

SBIホールディングス、マレーシアに駐在員事務所

2011年6月2日(木) 12時49分(タイ時間)
【マレーシア】SBIホールディングスは1日、マレーシアのクアラルンプール市に2011年5月30日付で駐在員事務所を開設したと発表した。マレーシアやアジアのイスラム諸国の経済情報収集などを行う。

 マレーシアはマレー系、中国系、インド系などで構成される多民族国家。多くの優良な製造業に加え、原油、天然ガスといったエネルギー資源、ゴム、パーム油などの農産物資源があり、世界的に急拡大しているイスラム金融、イスラム産業のハブとしても存在感を高めている。

 SBIは中国をはじめとする新興諸国で投資事業を推進するとともに、証券、銀行などのオンライン金融事業に関するノウハウなどを活用した金融事業の展開を進めている。マレーシアでは政府系の大手資産運用会社であるPNBグループと共同で投資ファンドを設立、運営している。
《newsclip》

特集



新着PR情報