RSS

支持政党めぐり兄弟げんか、弟が兄刺殺 タイ北部チェンライ

2011年6月7日(火) 18時30分(タイ時間)
【タイ】6日夜、タイ北部チェンライ県の村の民家で住人の男性スリンさん(56)が包丁で首、頭などを切られ死亡した事件で、地元警察は7日朝、スリンさんの弟のブンナーク容疑者(44)を近くのバス停で逮捕した。調べによると、スリンさんとブンナーク容疑者はスリンさん宅で酒を飲みながらテレビを見ていた際に、7月3日の下院選の支持政党をめぐりなぐり合いのけんかになり、劣勢となった容疑者が包丁でスリンさんを刺した。ブンナーク容疑者は犯行を認め、「自分は(タクシン元首相派の)プアタイ党支持だが、兄が(2008年末にタクシン派から寝返った)プームジャイタイ党に投票するよう迫り、けんかになった」と話している。タイ字紙カオソッドなどが報じた。
《newsclip》


新着PR情報