RSS

住友大阪セメント、ベトナムにリチウムイオン電池材料工場

2011年6月8日(水) 11時24分(タイ時間)
【ベトナム】住友大阪セメントは8日、ベトナムにリチウムイオン電池正極材料の製造工場を建設し、2012年上半期に生産を始めると発表した。エコカーの普及や節電によるリチウムイオン電池の需要急増に対応する。投資額は約50億円。

 工場はベトナム北部フンイエン省のタンロン2工業団地に立地。年産能力2000トンで、将来的には1万トンレベルまでの設備拡張が可能だ。

 住友大阪セメントは2007年末に船橋事業所内にリチウムイオン電池正極材料のパイロットプラント(年産150トン)を設置。これまでに、リン酸鉄リチウムを使用した電力貯蔵用大型リチウムイオン電池を日本で唯一量産しているエリーパワーをはじめ、複数のユーザーを確保した。
《newsclip》


新着PR情報