RSS

タイの青年宰相、元麻薬中毒者相手にゴール

2011年6月9日(木) 10時29分(タイ時間)
【タイ】アピシット首相は7日、7月3日の下院選の候補者応援でバンコク都内の青少年施設を訪れ、元麻薬中毒者を含む地元の若者とフットサルを楽しんだ。首相は中年太りとは無縁のスマートな体形で、運動神経も若者顔負け。先制のシュートを決めるなど活躍し、自らのチームを3対0の勝利に導いた。

〈アピシット・ウェーチャチーワ〉
1964年、両親の滞在先である英国のニューカッスルで生まれた。タイ国籍のほか、英国籍を持つ。英国の名門パブリックスールであるイートン校から英オックスフォード大学に進み、経済学修士号を取得。1992年にタイ下院に初当選し、1997—2001年首相府相、2005年からタイ民主党党首、2008年から首相と、超エリートコースを歩んだ。両親と姉は医師で、父は閣僚経験がある。妹は2006年の東南アジア文学賞を受賞した作家。アピシットはタイ語で「特権」を意味する。

20110607%20Democrat%20-%203.jpg
《newsclip》


新着PR情報