RSS

タイ下院選、タクシン派野党が支持率50%超 大規模世論調査

2011年6月19日(日) 23時25分(タイ時間)
【タイ】タイ国立ラチャパット大学スワンドゥシット校が6月4—18日に実施した大規模な世論調査(回答者10万2994人)で、タクシン元首相派の野党プアタイの支持率が初めて50%を超えた。プアタイは南部を除く各地域で与党民主党を大きくリードしており、7月3日の下院選で単独過半数が射程内に入った。

 全国での支持率はプアタイ51・6%、民主34・1%、連立パートナーのプームジャイタイ党3・4%、ソープランドチェーン元オーナーのチューウィット氏が結成した新党ラックタイランド党2・5%——など。

 2大政党の地域別の支持率は、バンコクがプアタイ52・1%、民主34・2%、中部がプアタイ46・5%、民主35・8%、北部がプアタイ59・6%、民主29・9%、東北部がプアタイ70・1%、民主17%、南部がプアタイ10・8%、民主75・9%。
《newsclip》


新着PR情報