RSS

プーケットに猛毒クラゲ「カツオノエボシ」出現

2011年6月23日(木) 01時05分(タイ時間)
【タイ】プーケット・マリン・バイオロジカル・センターによると、タイ南部のプーケット島で19日、クラゲの一種で非常に強い毒を持つカツオノエボシがみつかった。カツオノエボシは青い浮き袋から多数のひもが垂れ下がったような形で、刺されると激痛が走り、刺された跡がミミズばれになる。ショックで死亡した例もあり、プーケット当局は接触しないよう注意を呼びかけている。

Physalia%203.jpg

Naihan%20Beach.jpg
カツオノエボシがみつかったプーケットのナイハーンビーチ
《newsclip》


新着PR情報