RSS

失敗国家指数 タイ79位、日本164位

2011年6月24日(金) 10時15分(タイ時間)
【タイ】非政府組織ザ・ファンド・フォー・ピース(本部、米ワシントンDC)が国家運営の失敗の度合いを経済格差、法治と人権状況、公共サービスなどから割り出した「失敗国家」指数の2011年版で、タイは昨年から2つ順位を上げ177カ国中79位と、さらに評価を下げた。国論の分断、国家の正当性への疑問、特権階級の存在などが低評価につながった。

 「失敗国家」の1位はソマリアで、2位チャド、3位スーダン。最下位はフィンランドで、176位ノルウェー、175位スウェーデンと、スカンジナビア諸国が「成功国家」のトップ3を独占した。

 日本は164位。主要国はドイツ162位、フランス161位、英国159位、米国158位、ロシア82位、インド76位、中国72位。

 アジア諸国はアフガニスタン7位、パキスタン12位、ミャンマー18位、北朝鮮22位、バングラデシュ25位、ネパール27位、スリランカ29位、カンボジア38位、ラオス46位、ブータン50位、フィリピン51位、インドネシア64位、ベトナム88位、マレーシア112位、韓国155位、シンガポール157位——など。
《newsclip》

特集



新着PR情報