RSS

タイの暗殺チーム容疑者2人逮捕 県議長殺害、前下院議員襲撃に関与か

2011年6月26日(日) 15時19分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、中部ロッブリ県自治体議長のスバンさん(53)と妻、秘書が6月16日に県内の路上で銃で撃たれ、スバンさんが死亡、妻と秘書がけがをした事件で、タイ警察は26日までに、容疑者のタイ人男2人を逮捕した。2人はエカチャイ容疑者(32)とトラクーン容疑者(27)で、いずれも犯行を認めている。スバンさんは7月3日の下院選に立候補している連立与党プームジャイタイ党のマリカー前下院議員の兄で、マリカーさんの選対幹部を務めていた。

 エカチャイ容疑者は25日、バンコク郊外のホテルで逮捕された。暗殺チームの一員としてスバンさん殺害を依頼され、殺害実行犯を乗せたバイクを運転し、報酬として22万バーツを受け取ったと供述している。殺害の依頼は仲介者を通じて行われ、依頼者は知らないという。容疑者はまた、過去数年、同じ暗殺チームのメンバーとして活動したと話しており、5月10日にタクシン元首相派の野党プアタイのプラチャー前下院議員が銃撃され負傷した事件についても関与を認めた。

 トラクーン容疑者は25日夜、警察に出頭した。スバンさん殺害の見張り役として4000バーツを受け取ったと供述。殺害の依頼者・暗殺チームに口封じで殺されるかもしれないと思い、警察に保護を求めたと話している。
《newsclip》


新着PR情報