RSS

タイ、世界遺産条約脱退表明 カンボジアとの紛争で

2011年6月26日(日) 18時09分(タイ時間)
【タイ】25日にパリで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第35回世界遺産委員会会合で、カンボジアの世界遺産「プレアビヒア寺院」の管理計画を同委が認める見通しとなったことを不満とし、タイ代表団が世界遺産条約からの脱退を表明した。タイ側は、プレアビヒアはタイとカンボジアの国境未画定地域に隣接し、管理計画の承認はタイの領土侵害につながると主張している。

 世界遺産条約からの脱退はタイが初めてで、アユタヤ遺跡、スコータイ遺跡といったタイ国内の5つの世界遺産への影響が懸念される。ただ、タイは7月3日に下院総選挙があり、政権が交代した場合、脱退を取り下げる可能性がある。

 プレアビヒアはクメール王国が9—11世紀に建立したとされ、タイとカンボジアが領有権を争った末、1962年に国際司法裁判所がカンボジア領とする判決を下し、2008年に世界遺産に登録された。これを不満とするタイは2008年以降、周辺地域でカンボジアと武力衝突を繰り返し、今年2月と4月には両国軍が大砲、ロケット弾を撃ち合うなど本格的に交戦した。この戦闘で双方の兵士、住民ら30人近くが死亡、100人以上が負傷し、周辺地域の住民10万人以上が一時避難した。

タイ政権、総選挙直前に痛手

 タイの現政権は領土問題に敏感な王党派、保守派の支持を受け、カンボジアとの国境紛争で強硬姿勢を貫いてきた。世界遺産条約からの撤退は、こうした硬直した外交の結果であり、国際世論の支持を受けていないことも自国民にさらけ出してしまった。現政権の中核である民主党は下院選でタクシン元首相派の野党プアタイに対し劣勢と報じられており、選挙の1週間前という最悪のタイミングで大きな外交的な失点を犯した形だ。

 世界遺産委員会会合に出席したタイ代表団長のスウィット天然資源・環境相は25、26日、簡易ブログ「ツイッター」に「(世界遺産委員会は)任務を忘れて紛争を引き起こしている」「ユネスコに脱退の書状を出した」「タイの世界遺産には影響はない」などと強気の書き込みを続けたが、タクシン派のノパドン元外相は交流サイト「フェイスブック」に「現政権は世界に友人がほとんどなく、ロビー能力がない」と酷評。プアタイの比例代表名簿1位でタクシン氏の妹のインラク氏はタイの地元メディアに対し、「(世界遺産条約からの脱退は)タイ国内の世界遺産に影響を与えるかもしれず、慎重に考慮する必要がある」と述べ、政権をとった場合、脱退を取り下げる可能性を示唆した。
《newsclip》

特集



新着PR情報