RSS

タイ湾でガスパイプライン破損、発電燃料不足で燃料油など調達へ

2011年6月26日(日) 21時22分(タイ時間)
【タイ】タイ国営石油会社PTTは26日、タイ東部ラヨン沖約325キロの海底で25日にガスパイプラインの破損がみつかり、26日までに天然ガスの輸送を停止したと発表した。環境への影響はないとしているが、タイ湾の天然ガス田からの供給が日量6億立方フィート減り、発電燃料などに影響が出る見通しという。PTTは電力不足を回避するため、発電燃料用として、燃料油3000万リットルや液化石油ガスなどを調達する方針。破損の程度や復旧までの見通しは明らかにしていない。
《newsclip》


新着PR情報