RSS

ジヤトコ、タイで小型FF車用無段変速機製造 200億円投資

2011年6月30日(木) 09時38分(タイ時間)
【タイ】自動車用変速機の専門メーカー、ジヤトコ(静岡県富士市)は30日、タイに生産子会社「ジヤトコ・タイランド」を設立し、2013年度半ばから軽・小型前輪駆動(FF)車用副変速機付CVT(無段変速機)の生産を始めると発表した。投資額は約200億円。タイでCVTを生産するのはジヤトコが初めて。ジヤトコの海外生産拠点はメキシコ、中国に次ぐ3カ所目。

 タイ工場は東部チョンブリ県アマタナコン工業団地に建設する。年産能力約50万台。従業員は操業開始時約500人で、2014年度中に約1300人まで増員する計画。

 タイ工場で生産する副変速機付CVTは従来のベルト式無段変速機に副変速機を加えた独自構造で、変速比の大幅な拡大と小型軽量化、高効率化を実現。レスポンスのよい発進加速と高速走行時の静粛性の両立、燃費性能の向上に加え、さまざまな車種への搭載が可能で、第61回日本機械学会賞(技術)と2010年度自動車技術会賞技術開発賞を受賞した。2009年8月に生産を開始し、累計生産台数は約70万台。現在、日産自動車の「ジューク」「マーチ」、スズキの「スイフト」「ワゴンR」などに搭載されている。

 ジヤトコは軽自動車用から3・5リットルクラス車用までのCVTフルラインナップをそろえる世界唯一のメーカーで、2010年に全世界で生産されたCVT生産台数に占めるシェアは約48%だった。
《newsclip》


新着PR情報