RSS

積水ハウスとシンガポール社、シドニー中心部で複合不動産開発

2011年7月7日(木) 11時17分(タイ時間)
【シンガポール】積水ハウスは7日、シンガポールの大手不動産ディベロッパー、フレイザーズ・センターポイントがシドニーで開発中の複合不動産プロジェクト「セントラルパーク」に50%出資すると発表した。

 「セントラルパーク」はシドニー中心部から南へ約2キロ、利用者数がオーストラリア最多のセントラル駅近くに、マンション約1900戸、学生用住宅約720戸、商業施設、ホテル、オフィス、公園などを開発する計画。周辺には複数の大学があり、学生や教職員ら10万人以上が暮らしている。2010年8月に開発が始まり、すでに一部マンション区画は建築、販売が行われ、75%が販売済みとなっている。2014年度の事業完了、総売り上げ額20億オーストラリアドル(約700億円)を見込む。
《newsclip》

特集



新着PR情報