RSS

積水化学工業、タイに住宅量産工場建設

2011年7月13日(水) 13時31分(タイ時間)
【タイ】積水化学工業は12日、タイの合弁会社が戸建て住宅の量産工場を建設し、2013年からタイでの住宅事業を本格化すると発表した。工場の年産能力は1000棟で、2013年度600棟、2014年度1000棟の販売を目指す。工場はバンコクの北約80キロのサラブリ工業団地に建設する。工場建設、運転資金などを含めた投資額は約80億円。

 積水化学工業はタイ王室系コングロマリットのサイアムセメント・グループと合弁会社を設立し、2009年から、施工体制、販売手法、コストなどの検証を行ってきた。販売した住宅の顧客満足度が高かったことから、本格進出を決めた。

 タイではこれまで、坪25万—30万円台の住宅を販売してきたが、工場生産化率の向上や間取り・仕様の限定で、価格を引き下げる。また、水周り設備や収納・建具など内装の工場取り付け、一括請負施工会社の増強などを進め、工期を60日に短縮する計画だ。
《newsclip》


新着PR情報