RSS

自称シンガポール人女性のタイ人男 日本人狙い詐欺で逮捕、すぐ保釈で事件再発

2011年7月14日(木) 13時34分(タイ時間)
【タイ】在タイ日本大使館は13日、日本人を狙い詐欺を働いた容疑で逮捕されたタイ人の男が保釈され、6月下旬以降、同様の事件が再発しているとして、注意を呼びかけた。

 男は東北部ウドンタニ県出身のニューハーフ、ウタイ容疑者(34)。バンコク都内のトンロー通り、スクムビット通りなどの路上で、シンガポール人の女性と称して日本人に声をかけ、「金やパスポートを盗まれた。親から海外送金してもらうので、あなたのクレジットカード口座に振り込ませてもらいたい」なとど頼み、被害者がこれに応じると、現金自動預払機(ATM)で被害者の口座から現金をキャッシングで引き出していた。被害額は100万バーツ以上に上るとみられている。

 タイ警察は6月15日に容疑者を逮捕したが、裁判所が保釈を認めた。警察は「裁判所の管轄なので、保釈が認められた経緯や日時は知らない」としている。タイでは保釈中に逃走した容疑者が再逮捕後、すぐに保釈されるなど、裁判所が不可解な判断を下すケースがある。
《newsclip》


新着PR情報