RSS

タイ機差し押さえ タイ外相、フランクフルトで皇太子に状況説明

2011年7月18日(月) 14時50分(タイ時間)
【タイ】タイ外務省によると、ミュンヘン空港に駐機していたワチラロンコン・タイ皇太子の専用機が12日、ドイツ企業に対するタイ政府の債務不払いにより、ドイツの裁判所命令で差し押さえられた問題で、タイのカシット外相は17日、フランクフルト空港で皇太子と会談し、状況を説明した。

 タイ政府は差し押さえられたボーイング737型機は2007年にタイ空軍が皇太子にプレゼントしたもので、政府の所有物ではないと主張。ドイツの裁判所に差し押さえの解除を求めている。

 タイには不敬罪があり、タイ国王夫妻と王位継承者に対する批判が禁じられている。違反した場合、1件につき最長15年の懲役刑が科される。
《newsclip》


新着PR情報