RSS

全日空とエアアジア、日本で合弁格安航空 来夏就航

2011年7月21日(木) 12時52分(タイ時間)
【マレーシア】全日本空輸(ANA)は21日、マレーシアの格安航空(LCC)大手エアアジアと合弁で成田空港を拠点とするLCCを設立すると発表した。エアアジアのブランド、サービスで、2012年8月から日本国内線、国際線を運航する計画だ。

 新会社は「エアアジア・ジャパン」(資本金50億円)。出資比率はANA67%、エアアジア33%だが、無議決権株を含めるとANA51%、エアアジア49%。

 エアアジアは2001年の就航以来、急成長を続け、現在はアジアを中心に約160路線を運航。昨年12月には羽田—クアラルンプール線の運航を始めた。2010年のグループ全体の売上高は前年比17%増の56億2000万リンギ(約1500億円)、税引後利益は4・2倍の15億2100万リンギだった。旅客数は13%増の2568万人、搭乗率は78%。
《newsclip》


新着PR情報