RSS

タイ航空機が低空飛行 「重大インシデント」で豪当局が調査

2011年7月27日(水) 21時53分(タイ時間)
【タイ】今月24日、タイ国際航空TG461便バンコク発メルボルン行きのボーイング777—3D7型機が低空でメルボルン空港に接近し、オーストラリア交通安全局が、事故が発生する恐れがあった「重大インシデント」と認定し、調査を開始した。同機には乗客361人、乗員19人が搭乗していた。機は無事着陸し、けが人はなかった。

 タイ航空はこの件に関し、同機の操縦士は規定通り安全に機を運航したと主張している。
《newsclip》


新着PR情報