RSS

タイ国王、いとこの王女の遺体清めの儀式

2011年7月29日(金) 12時25分(タイ時間)
【タイ】27日に85歳で死去したペチャラット王女の遺体を清める儀式が28日、プミポン国王夫妻により、バンコクの王宮で行われた。

 タイ政府広報局によると、ペチャラット王女はタイの現王朝の6代目の王、ワチラーウット王(ラマ6世、1880—1925)の一人娘で、プミポン国王(83)のいとこにあたる。1925年11月24日、バンコクの王宮で生まれ、その翌日、ワチラーウット王が死去した。王女は幼少期をバンコクで過ごした後、約20年間、英国に滞在。その後、タイに帰国し、バンコクのスクムビット・ソイ38通りに邸宅を構えた。
《newsclip》


新着PR情報