RSS

ベトナムが電力計画、20年までに7500MW

2011年7月31日(日) 20時58分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナムのグエン・タン・ズン首相はこのほど、同国の発電能力を2020年までに7万5000メガワット(MW)まで高めることを柱とする「電力総合計画第7号」を承認した。ダウトゥ(電子版)が伝えた。

 国内での発電分が97%で、残る3%(2200メガワット)を中国、ラオスから輸入する。

 発電源の内訳は、石炭火力が46・8%、ガス火力が24・0%、水力が19・6%、太陽光など再生可能エネルギーが4・5%、原子力が2・4%となっている。
《newsclip》

特集



新着PR情報