RSS

プーケットの乗り合いトラック運転手、オランダ人2人を袋叩き

2011年8月1日(月) 23時39分(タイ時間)
【タイ】1日未明、プーケット島のパトンビーチ近くで、19歳と20歳のオランダ人男性が小型乗り合いトラックの運転手らに暴行を受け、1人が顔に10針縫うけがをした。

 男性の1人が歩行中にトラックのドアにぶつかり、運転手から修理費1000バーツを要求された。2人がこれを拒否して歩き続けたところ、運転手とその仲間数人から殴るけるの暴行を受けた。近くにいた警官が止めようとしたが、運転手らに阻止されたため、けん銃で威圧。現場に到着した慈善団体のレスキューチームが男性2人を救出し、病院に搬送した。

 運転手らはその後、警官の対応がやりすぎだとして、トラック数台で道路を封鎖。所轄警察署幹部と交渉し、約1時間後に封鎖を解除した。

 この事件についてタイ字紙最大手タイラットは「プーケットの旅客トラックがアメージングタイランド(タイ観光のキャッチフレーズ)をお見せした」と皮肉った。
《newsclip》


新着PR情報